成約率を上げるたった2つの記事作成時のポイント!

成約率を上げるたった2つの記事作成時のポイント!

どうも、ひろもんです。

記事を書くのが苦手という方もいると思いますが、たった2つのことを意識して記事を書くだけでも成約率を上げることができます。

今回は成約率を上げる記事の書き方について解説します。


商品を売り込まないこと

稼げない人ほど商品を売り込もうと必死な文章を書きますが、売り込み感は文章から伝わりますし、売り込まれるのが好きな人は居ないので、売り込み感を出すと商品は売れません。

「この商品はほんとにいいですよ!」
「絶対に購入した方がいいです!」

こんなことを言われても大半の人は購入しません。
なぜならそもそも記事の内容を信じている人が少ないからです。

大半の検索ユーザーは記事を読んでも話半分程度にしか思いません。
そんな記事の中で商品を絶賛されてもすごく嘘くさいですよね。

検索ユーザーは商品を購入したいのではなく悩みを解決したいのです。

「商品を購入してください」ではなく、「これを使うことで悩みが解決するかもしれません」くらいの文章で背中を押してあげます。


商品の悪いところも正直に伝えること

商品を買ってもらいたい気持ちはわかりますが、商品の良いところだけしか書いていないと逆に嘘くさくなり逆効果になります。

商品の良いところは販売ページにたくさん書かれてありますが、悪いところについてはほとんど書かれていません。

検索ユーザーは商品の良いところと悪いところを知った上で納得して商品を購入するため、商品の悪い所についても情報収集をしています。

そこであなたの記事の中で商品の良いところと悪いところをきちんと伝えてあげることで、サイトに信頼性が生まれて成約率アップに繋がります。

ただし悪いところを紹介したタイミングで記事を終えると商品の印象が悪くなるので、商品の悪いところは記事の途中に書き、記事の最後は必ず良いところを書いて終わるようにしてください。


もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、応援クリックお願い致します!

ブログランキング
このブログの順位を確認してみる

8 Responses to “成約率を上げるたった2つの記事作成時のポイント!”

  1. はじめまして。
    そうですね。最終的にお客様に買ってもらうために、あえて欠点を
    知っててもらうのも必要ですよね。
    デメリットを補って余りあるメリットがありますよ、と満足感をいかに
    持ってもらえるかですもんね。参考になります!

    • NABYさん
      こんにちは、コメントありがとうございます^^

      欠点を隠すと購入者の満足度が下がるため、
      結果的にサイトの評判も下がってしまいます。

      欠点もあるけれど、それ以上に良いところがありますよって持っていくのが良いですね。

  2. テレビショッピングのくだりは勉強になる気がします
    悩んでいる人がいて
    どうしたのと聞き
    それならこれを試して!!
    実際に使うとこんなかんじ
    と買った後ノイメージがつきやすいです

    • きょろさん
      こんにちは、コメントありがとうございます^^

      テレビショッピングは他にもテクニックを使っていますが参考になりますね。

    • 河原みれさん
      こんにちは、コメントありがとうございます^^

      極端に言ってしまえばそういうことになりますね。
      嘘を書くのはいけませんが、
      悪いところもありますがメリットの方が大きいと伝えてあげるといいですね。

  3. はじめまして。
    メリットとデメリットを8対2程度で書くというのは聞いたことがあったのですが、デメリットをメリットの間に挟むというのは意識していませんでした。
    これから記事を作成するときの参考にさせていただきます。

    • たけやんさん
      はじめまして、コメントありがとうございます。

      記事の最後をデメリットで終えてしまうと、
      商品の良い印象が薄れてしまうので、
      最後はメリットを伝えて終えた方が良いです。

コメントを残す