記事作成において最低限身につけておくべき5つのこと!

記事作成において最低限身につけておくべき5つのこと!

どうも、ひろもんです。

記事の書き方は人それぞれですが、これだけは最低限覚えておいて損はない5つのことを紹介します。
アフィリエイターにとっては基本的なことばかりなので、覚えておいてください。


魅力的なタイトルで検索ユーザーの興味を惹く

ブログのタイトルや記事のタイトルはとても重要です。
記事の内容が同じでも、タイトルが違うだけでアクセス数に結構違いが出ます。

これは見てもらった方が早いと思うので早速例を挙げてみます。

あなたが掃除機を探している場合、どちらのタイトルをクリックしますか?
悪い例 → おすすめ掃除機紹介ブログ
良い例 → 今話題の掃除機を一挙紹介!最安値ショップを徹底調査!

あなたがナノケアを探している場合、どちらのタイトルをクリックしますか?
悪い例 → パナソニックのヘアドライヤーナノケアを紹介するブログ
良い例 → パナソニックの大人気ドライヤー!ナノケアを衝撃の価格で購入可能!?

おそらく下の方を選択したと思います。

タイトルはそのまま検索結果に表示される部分です。
ここがあまりにも普通だった場合、ほとんどクリックされずスルーされます。

検索ユーザーの興味を惹きクリックしてもらうのもタイトルの役割の1つです。

タイトルに入れるキーワードが決まったら、キーワードを羅列するのではなく、思わずクリックしたくなるような魅力的なタイトルをつけることが大切です。


ライティングで気をつけることは2つだけ!

無料ブログの場合、難しいライティングテクニックは必要ありません。
なぜなら、購買意欲の高い検索ユーザーしか集客しないからです。

購買意欲の高い検索ユーザーはすでに購入する気満々の状態でブログに来てくれるので、長々と商品について説明しなくても商品を買ってくれます。

ただし2点だけ気をつけるべきことはあります。

1.商品を紹介する際、売り込み感を出さないこと
2.読みやすい文章を心がけること

商品を紹介する際、売り込み感を出さないこと

基本的にセールスはみんな嫌いです。

「絶対にこれ買った方が良いよ」と言われると、「本当に良い商品なのか?」と疑ってしまいます。
でも自分で納得して購入するのであれば、気持ち的に何も問題ありません。

商品を紹介する時は、「これ買ってください」ではなく、「このシェイバーを使うと肌が弱い人でも肌を傷めずに深剃りできるし、水洗いできるのでメンテナンスも楽ちんですよ」みたいな感じで軽く背中を押してあげると言うか、軽く購入のキッカケを与えてあげた方が売り込み感が少なく商品が売れやすいです。


読みやすい文章を心がけること

あなたも経験があるかもしれませんが、ページを開いた瞬間にものすごく読みづらい文章で、一切読まずにすぐにページを閉じたことはありませんか?

私は何度もありますし、検索ユーザーの大半がそうです。

自分の知りたい情報がそのページにしか載っていないのであれば、我慢して読みますが、他のページにも同じ情報があるのであればそちらの記事を読みます。

せっかく記事を書いても読んでもらえなかったら意味がありません。
そこで、記事を読んでもらえるように読みやすい文章を心がける必要があります。

ポイントは3つあります。

1.適度に画像を入れる
2.適度に改行を入れる
3.適度に文字装飾をする

文章だけの記事は読みづらいので、1記事に最低1つの画像を使います。
もし必要だと感じれば追加しても良いですが、画像なしの記事は避けてください。

5行も10行も改行がない文章だと読み手も疲れてストレスを感じます。
2行や3行など自分で読みやすいと感じる間隔で適度に改行を入れてください。

文字の装飾とは太字にしたり、色をつけたりすることです。
強調したい部分は装飾で目立つようにした方が、読み手はどこが大切なポイントなのかがひと目でわかるので、記事の内容を理解しやすいです。

わかりやすい文章についてはまだ他にもありますが、いきなり何個も言われても忘れてしまっては意味がなくなりますし、無料ブログであればこの3つのポイントを押さえるだけでもかなり読みやすい文章になります。


1記事あたり何文字の記事を書けばいいのか?

「1記事あたり何文字書けばいいですか?」これは本当に多い質問です。
私もはじめの頃は何文字書けばいいのか悩んだことがあります。

正直、何文字という答えはありません。

何のために記事を書くのかを考えてみてください。

検索ユーザーは何かしらの情報を探して検索エンジンを使いあなたのブログを訪れます。
その検索ユーザーの求めている情報をわかりやすくまとめたのが記事です。

稼げない人は”情報を伝えること”よりも”文字数を稼ぐこと”に熱心になり、ムダな情報を足してとりあえず文字数を稼ごうとします。

そうではなく、検索ユーザーを満足させられるだけの情報を書いてあげると自然と文字数も増えていくので、あまり何文字を意識しなくても大丈夫です。


それでも基準となる文字数が知りたい!

文字数は関係ないと言われても、記事を書いたことがないと基準がわからず結局何文字くらい書けばいいのか不安になります。

安心してください。
私もその気持ちすごくわかります(笑)

そこで、最低でもこれくらい書けばいいという基準を教えておきます。

無料ブログの場合は購買意欲の高い検索ユーザーがほとんどなので、200~300文字程度の記事でも大丈夫です。書きたいことがたくさんあり、500文字くらいになったとしても問題ありません。

はじめのうちは500文字と聞くと大変そうに思いますが、伝えたいことを書いていると500文字はあっという間に超えてしまいます。


1ブログあたり何記事書けばいいのか?

記事数については前回のキーワードの記事でも書きましたが、思いついたキーワードすべてを記事にするべきです。

記事数が増えればそれだけ多くの集客を見込めるので、書けるだけ書いてください。

先ほどの文字数と同じであえて基準を言うとすれば、最低10記事です。
10記事未満のアフィリエイターはすごく多いので、記事数が多ければ有利になります。

ただし、ライバルが3記事で上位表示されているなら5記事でも勝てるかもしれませんし、ライバルが15記事で上位表示されているなら20記事書かなければ勝てないかもしれません。

そのあたりはケースバイケースで柔軟に対応してください。


画像は必ず入れること

画像がない文章だけの記事はどうしても読みづらいと感じます。
最低でも1記事1画像を意識してください。

画像を使う際は著作権や肖像権に気をつける必要があります。

無料ブログで使う画像は商品画像がほとんどだと思いますが、たとえその商品を使っている芸能人がいたとしても、芸能人などの人物画像は使わない方が良いです。

後々トラブルになる可能性もありますし、ASP経由で画像を削除するように連絡が来ることもありますので、気をつけてください。


この記事のまとめ

  •  魅力的なタイトルで検索ユーザーの興味を惹くこと
  •  商品を紹介する際、売り込み感を出さないこと
  •  読みやすい文章を心がけること(画像・改行・文字装飾)
  •  1記事あたりの文字数は200~300文字程度でも大丈夫
  •  1ブログあたりの記事数は10記事以上(ケースバイケース)
  •  画像を使う際は著作権や肖像権に気をつけること

もしこの記事があなたのお役に立ちましたら、応援クリックお願い致します!

ブログランキング
このブログの順位を確認してみる

コメントを残す