記事作成において最低限身につけておくべき5つのポイント!

どうも、ひろもんです。

記事の書き方は人それぞれですが、これだけは最低限覚えておいて損はないポイントを5つ紹介します。アフィリエイターにとっては基本的なことばかりなので、覚えておいてください。

記事作成の5つポイント

魅力的なタイトルをつける

記事の内容が同じでもタイトルが違うだけでアクセス数に違いが出るので、ブログタイトルや記事タイトルは重要です。

見てもらった方が早いのでさっそく例を挙げてみます。
あなたならどちらのブログをクリックしますか?

タイトルの一例

    掃除機を探している場合、どちらのタイトルをクリックしますか?

  1. おすすめ掃除機紹介ブログ
  2. 今話題の掃除機を一挙紹介!最安値ショップを徹底調査!
    ナノケアを探している場合、どちらのタイトルをクリックしますか?

  1. パナソニックのヘアドライヤーナノケアを紹介するブログ
  2. パナソニックの大人気ドライヤーナノケアが衝撃の価格で購入可能!?

おそらく多くの人が下の方を選択したと思います。

検索ユーザーの興味を惹きクリックしてもらうのもタイトルの役割の1つですが、タイトルがあまりにも普通だった場合、ほとんどクリックされずスルーされます。

タイトルに入れるキーワードが決まったら、キーワードを羅列するのではなく、思わずクリックしたくなるような魅力的なタイトルをつけることが大切です。

 タイトルと記事内容に乖離があると、読者は騙されたと思い二度とブログに来てくれなくなるので、嘘になるようなタイトルは避けてください。

商品の売り込み感を出さない

基本的にセールスはみんな嫌いです。

しかもネット上の知らない人から「絶対にこれ買った方がいいよ」と言われても信用できず疑ってしまいます。

商品を購入するのは「納得」している時です。読者本人が記事を読んで「この商品は自分の役に立ちそうだ」と納得していれば、自然と商品は売れていきます。

商品を紹介する時は「買ってください」ではなく、その商品を購入すれば購入者がどうなるのかを伝えてあげると売り込み感が無くなります。

読みやすい文章を心がける

ページを開いた瞬間にものすごく読みづらい文章で、一切読まずにページを閉じた経験はありませんか?

私は何度もありますし、検索ユーザーの大半が同じです。

知りたい情報がすごく専門的なことで、そのページにしか載っていないのであれば、読みづらくても多少我慢して読みますが、他のサイトにわかりやすく同じ情報があるのであればそちらの記事を読みます。

読みやすい文章にする3つのポイント

  • 適度に画像を入れる
  • 適度に改行を入れる
  • 適度に文字装飾をする

文章だけの記事は読みづらいので、1記事に最低1つの画像を使い、画像なしの記事は避けてください。

 画像を使う際は著作権や肖像権に気をつけてください。

無料ブログで使う画像は商品画像がほとんどだと思いますが、たとえばその商品を使っている芸能人がいたとしても、芸能人などの人物画像は使わない方がいいです。

後々トラブルになる可能性もありますし、ASP経由で画像を削除するように連絡が来ることもあるので、気をつけてください。

改行がない文章だと読者も疲れてストレスを感じるので、3行ごとなど自分で読みやすいと感じる間隔で適度に改行を入れてください。

強調したい部分は太字にしたり、色をつけたり文字装飾で目立つようにした方が、読者はどこが大切なポイントなのかがひと目でわかるので、記事の内容を理解しやすいです。

文字数に答えはない

「1記事あたり何文字書けばいいですか?」という質問はすごく多いですが、何文字という答えはありません。

検索ユーザーは悩みを解決するために検索エンジンを使い、お目当ての情報が書かれている記事を探すので、文字数にこだわるのではなく、検索ユーザーの求めている情報をわかりやすくまとめてあげる方が大切です。

"情報を伝えること"よりも"文字数を増やすこと"に熱心になり、ムダな情報を足してとりあえず文字数を増やそうとする人がいますが、文字数が多くても中身のない記事は検索エンジンから評価されません。

検索ユーザーを満足させられるだけの情報を書いていると、自然と文字数も増えていくのであまり文字数を意識しなくても大丈夫です。

記事は書けるだけ書く

記事数が増えればそれだけ多くの集客を見込めるので、思いついたキーワードはすべて記事にした方がいいです。

記事数が増えるとライバルサイトよりも上位表示されやすくなりので、ライバルサイトが5記事で上位表示されているなら5記事以上を目指し、ライバルサイトが10記事で上位表示されているなら10記事以上を目指します。

まとめ

記事作成の5つポイント

  • 魅力的なタイトルで検索ユーザーの興味を惹く
  • 商品を紹介する際、売り込み感を出さない
  • 読みやすい文章を心がけること(画像・改行・文字装飾)
  • 文字数に答えはない夫
  • 記事は書けるだけ書く

 

ぜひ応援クリックお願い致します

ブログランキング

気軽にTwitterしてくださいね!