【徹底解説】初心者が取り組むべきアフィリエイトの種類とは?

どうも、ひろもんです。

アフィリエイトは必要な人に必要な商品を紹介してあげるわけですが、紹介の仕方というか、媒体の違いというか、実践する手法がいくつかあります。

それぞれにどんなメリットやデメリットがあるのか?
初心者が一番初めに取り組むべき手法はどれなのか?

そこらへんの事について解説していきます。

アフィリエイトの種類と特徴

アフィリエイトには種類があり、初心者ほどあれこれ目移りしてしまうものですが、ここではアフィリエイトの種類とそれぞれの特徴を解説し、初心者が取り組むべき手法を解説します。

サイトアフィリエイト

サイトアフィリエイトとはサイトを作成して商品を紹介する手法です。

初期投資が少なくて作ったサイトが資産となり、1つのサイトで100万円以上稼ぐことも可能です。

サイトアフィリエイトに取り組むとジャンル選定、キーワード選定、記事作成、SEO対策など、アフィリエイト全般の知識を一通り学べますが、覚えることが多いのがデメリットです。

ブログアフィリエイト

ブログアフィリエイトとはブログで日々役立つ情報などを紹介しながら、商品を紹介していく手法です。

初期投資が少なくブログが有名になれば、大きな収益を得られますが、定期的に記事を更新しなければならず、成果がでるまで時間が掛かります。

女性が化粧品のブログアフィリエイトを実践しているのはよく見かけます。

トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトとは旬な情報やニュースなどを毎日高頻度で更新し続け、大量のアクセスを集めて広告をクリックしてもらう手法です。

初期投資が少なくて商品を紹介する必要もなく、広告をクリックしてもらうだけで報酬が発生しますが、報酬単価が低く1クリック1円~100円程度なので、月に数万以上のアクセス数が必要になります。

記事更新をやめるとアクセスがなくなり、一気に報酬もなくなるので、サイトアフィリエイトのように資産になりません。

闇雲に毎日記事を更新すればいいのではなく、世間が興味を持っているような話題性のある情報を更新し続けなければならないので、毎日のネタ探しが大変です。

メルマガアフィリエイト

メルマガアフィリエイトとはメルマガで読者に役立つ情報を発信し、商品も一緒に紹介する手法です。

レバレッジが効くので稼げる金額は一番多く、検索エンジンなどのプラットフォームに依存しないので安定して稼げます。

 レバレッジとはテコの原理、少ない労力で大きな成果を上げること。

発信する内容についての知識や情報が必要で、たくさんの読者を集め続ける必要がありますし、メルマガを発信するまでの仕組みなどを学ぶ必要があるので、初心者がいきなり取り組むのは難しいです。

PPCアフィリエイト

PPCアフィリエイトとはGoogleに広告を出稿し、アフィリエイトサイトへ誘導する手法です。

作りたてのサイトでもアクセスを呼び込め、うまくいけばすぐに報酬が上がりますが、広告を出稿するにはお金が掛かります。

きちんと稼ぐには最低でも毎月数万円の広告費が掛かりますが、広告を出したからと言って稼げる保証はないので、初心者にはハードルが高くオススメしません。

SNSアフィリエイト

SNSアフィリエイトとはFacebookやTwitterに広告を出稿し、アフィリエイトサイトへ誘導する手法です。

PPCアフィリエイトと同じですが、広告を出稿する媒体が違います。こちらも当然広告費が掛かり、稼げる保証はないので初心者向きの手法ではありません。

サイトアフィリエイトがオススメ

ここまでの解説を見て取り組んでみたい手法はありましたか?

どの手法も途中で諦めずに真剣に取り組めば稼げますが、難易度やメリットを考えると、一番初めに取り組むべきなのはサイトアフィリエイトだと私は思います。

サイトアフィリエイトがオススメな理由

  • アフィリエイト全般の知識が身につく
  • サイトが資産になる
  • リスクが少ない

アフィリエイトの手法を6種類紹介していきましたが、どの手法でもサイト作成は避けて通れません。

アフィリエイターにとってサイト作成は必要不可欠なスキルなので、なるべく早い段階でレベルの高いサイト作成ができるように学んだ方が、後々有利です。

さらにサイトアフィリエイトでは、商品の選び方や記事の書き方、SEO対策などアフィリエイト全般の知識が身に付きます。

一通り学んでおけば次に他の手法に取り組む場合でも、スムーズに作業が進みので、スタートダッシュでライバルに差をつけられます。

 

ぜひ応援クリックお願い致します

ブログランキング

気軽にTwitterしてくださいね!