[Screenpresso]画面キャプチャから画像注釈までサクサクこなせる便利ツール

どうも、ひろもんです。

今回は画面キャプチャから画像注釈までこなせる便利ツール「Screenpresso」を紹介します。

以前はキャプチャソフトと画像編集ソフトを別々で使っていましたが、最近はあまりにも便利過ぎて「Screenpresso」ばかり使っています。

単純に時間短縮になりますし、注釈機能もかなり充実しているため、ほとんどの場合このソフト一つで事足りてしまいます。

無料で使えるツールなので、一度試してみて便利さを実感してみてください。

「Screenpresso」のインストール手順

公式サイト「Screenpresso」のダウンロードはこちら

Screenpressoは公式サイトからプログラムファイルをダウンロードし、インストールするだけですぐに使えます。

 

「Screenpresso」のインストール手順1
まずは公式サイトのトップページにある[スクリーンプレッサーを無料で入手]をクリックします。

 

「Screenpresso」のインストール手順2
次に[Screenpressoをダウンロードする]をクリックするとダウンロードが開始されます。

 

「Screenpresso」のインストール手順3
次にダウンロードした[exeファイルを実行]しセットアップを開始します。

同意します:チェックボックスにチェックを入れる
言語:日本を選択
使用方法:コンピュータにインストールを選択

ワンポイントアドバイス

セットアップ時に「コンピュータにインストール」か「インストールせずに起動する」かを選択できますが、私はインストールして使用しています。

「インストールせずに起動する」とはUSBメモリなどの外部メディアにプログラムを保存して使用する方法ですが、こちらの方法だとPCのメモリを多く使用するため推奨されていません。

通常は「コンピュータにインストール」すると思いますが、どうしてもインストールしたくないのであれば、USBメモリを用意してください。

 

「Screenpresso」の2つの機能

Screenpressoには「画面キャプチャ・録画」と「画像注釈」の2つの機能があります。ここからはそれぞれの機能を順番に紹介します。

画面キャプチャ・録画機能

インストールが完了すると、デスクトップ画面の上部にカーソルを合わせるだけでメニューが表示されるようになります。

 

「Screenpresso」の画面キャプチャ機能

メニュー画面の説明

[指定領域のスクリーンショット]をクリックすると指定範囲をキャプチャ。
[録画]をクリックすると画面を動画として録画。

▼マークをクリックするとサブメニューが表示されて、さらにいろいろな機能が使用可能になります。(無料版は一部機能が制限されています。)

動画でも解説しているので、良かったら確認してみてください。

次に▼マークをクリックした際に、表示されるサブメニューの機能を紹介します。

指定領域のスクリーンショットのオプション

指定領域のスクリーンショットの右側にある[▼マーク]をクリックすると、キャプチャ方法を選択できます。

「Screenpresso」の画面キャプチャ機能2

画面キャプチャする5つの方法

  • 指定領域のスクリーンショット
  • パソコン画面の指定した範囲だけをキャプチャできる。

  • 前回指定した領域のスクリーンショット
  • 一個前にキャプチャした範囲と同じ範囲をキャプチャできる。

  • 全画面のスクリーンショット
  • 全画面をキャプチャできる。
    (デュアルモニターの場合はモニタ2枚分を一枚の画像としてキャプチャできる)

  • スクリーンショット起動を遅らせる
  • 時間差を使いキャプチャできる。

  • 自動スクロールを使ってスクリーンショット
  • 縦に長いページを1枚の画像としてキャプチャできる。

 

録画のオプション

録画の右側にある[▼マーク]をクリックすると、録画方法を選択できます。

「Screenpresso」の画面録画機能

画面録画する2つの方法

  • 録画
  • 7つのプリセットから選択するだけで適切な画面サイズで録画できる。
    (YouTube HD・Full HD・フルスクリーンなど)

  • 指定領域の録画
  • パソコン画面の指定した範囲だけを録画できる。

 

画像注釈機能

画面をキャプチャすると、デスクトップ画面の右下にキャプチャした画像一覧が表示されます。

キャプチャ画像一覧は一定時間が経過すると自動的に消えますが、デスクトップ画面右下のタスクトレイの中に入っているので、タスクトレイの中のアイコンをクリックすると再度表示させることができます。

ワンポイントアドバイス

キャプチャ画像一覧は[Windowsキー + PrintScreenキー]を押すことでも呼び出すことができます。

 

「Screenpresso」の画像注釈機能
キャプチャ画像一覧の中から編集したい画像をダブルクリックすると、編集画面に移ります。

 

「Screenpresso」の画像注釈機能2
画像編集画面の左側にある13個の機能を使い、文字や図形などを追加することができます。

矢印を描く

「Screenpresso」の画像注釈機能「矢印を描く」
矢印の種類・色・透過性・線の幅・線の種類・影を自由に変更できます。

四角形を描く

「Screenpresso」の画像注釈機能「四角形を描く」
色・透過性・塗りつぶし・線の幅・線の種類・角の丸み・影・ぼかしを自由に変更できます。

テキストボックスを追加

「Screenpresso」の画像注釈機能「テキストボックスを追加」
フォント・テキストの色・フォントサイズ・透過性・グロー・グロー率・グローぼかし・影を自由に変更できます。

吹出しを追加

「Screenpresso」の画像注釈機能「吹出しを追加」
テキストの書式・フォント・テキストの色・フォントサイズ・塗りつぶしの色・透過性・塗りつぶし・グロー・グロー率・グローぼかし・影を自由に変更できます。

番号付けを追加

「Screenpresso」の画像注釈機能「番号付けを追加」
数値・番号・種類・塗りつぶしの色・テキストの色・透過性・塗りつぶし・サイズ・影を自由に変更できます。

強調

「Screenpresso」の画像注釈機能「強調」
色・透過性を自由に変更できます。

楕円を描く

「Screenpresso」の画像注釈機能「楕円を描く」
色・透過性・塗りつぶし・線の幅・線の種類・影・ぼかしを自由に変更できます。
[Shift]を押しながら操作すると円を描くこともできます。

ポリゴン描写

「Screenpresso」の画像注釈機能「ポリゴン描写」
色・透過性・塗りつぶし・線の幅・開始ポイント・終了ポイント・線の種類・影・ぼかしを自由に変更できます。

フリーハンド

「Screenpresso」の画像注釈機能「フリーハンド」
色・透過性・線の幅・影を自由に変更できます。

指定の領域をぼかす

「Screenpresso」の画像注釈機能「指定の領域をぼかす」
ぼかしレベルを自由に変更できます。

画像を追加

「Screenpresso」の画像注釈機能「画像を追加」
透過性・影を自由に変更できます。
ソフト内に初めから用意されている画像の他にも、自分の好きな画像を追加できます。

ルーペを使う

「Screenpresso」の画像注釈機能「ルーペを使う」
ズーム・塗りつぶしの色・色・線の幅・透過性・影を自由に変更できます。

波括弧を描く

「Screenpresso」の画像注釈機能「波括弧を描く」
色・種類・透過性・塗りつぶし・線の幅・角の丸み・影を自由に変更できます。

PRO版の限定機能

無料版でもほぼすべての機能が使えて便利ですが、頻繁に使う場合は有料のPRO版にした方がさらに作業が捗ります。

すべての機能を試す前にPRO版を購入したので、無料版で使えなかった機能をすべて把握していないのですが、わかる範囲だと以下の5つの機能は有料のPRO版限定機能です。

PRO版限定機能

  • 画像再編集機能
  • 何度でも再編集できる。

  • カラーピッカー
  • 指定箇所のカラーコードをチェックできる。

  • テキストのコピー(OCR)
  • 指定範囲のテキストを読み取れる。

  • 画面録画時間が無制限・ロゴマーク削除
  • 録画時間の上限が無くなり、強制挿入されるロゴマークを消せる。

  • 枠線効果
  • 画像に枠線や影など付けることができる。

この中で最も重要な機能が画像再編集機能です。私の場合は、無料版を1週間くらい使ったあとに、この画像再編集機能を使いたくてPRO版を購入しました。

画像再編集機能とは

無料版では一度編集を[確定]させた画像を再編集することができませんが、PRO版にすると何度でも再編集することができるようになります。

 

「Screenpresso Pro」の画像再編集機能の説明
例えば、タイトルの一部を緑色で強調し編集画面の左上の[確定]をクリックしたとします。その後、「やっぱり黄色にしたい」と思っても無料版では再編集できないため、もう一度画面をキャプチャする所から始めなければいけません。

 

「Screenpresso Pro」の画像再編集機能の説明2
PRO版であれば、何度でも再編集できるため、変更したいと思った箇所は即変更可能です。

これくらいの手間であれば無料版のままでもいいですが、次の場合はどうでしょう?

 

「Screenpresso Pro」の画像再編集機能の説明3
編集確定後に、「公開日」を「後悔日」と変換ミスしていることに気が付きました。

PRO版であれば10秒程度で直せますが、無料版だとキャプチャする所からやり直しなので、かなり面倒くさいことになります。

 

「Screenpresso Pro」の画像再編集機能の説明4
PRO版であれば、このように一瞬で修正できます。

今後もサイトや記事を作成する時に、何十枚、何百枚と画像を作成することになるので、長い目で見ると再編集できるかどうかによって、何十時間、何百時間と使える時間が変わって来ます。

時間を掛けてお金を節約するのか、お金を掛けて時間を節約するのかは人それぞれですが、時間を節約するのであれば、PRO版の購入を検討してみても良いと思います。

PRO版の購入方法

「Screenpresso Pro(有料版)」を購入するには「無料版の設定画面」から公式サイトへ移動して行います。

 

「Screenpresso Pro」を設定画面から購入する方法
キャプチャ画像一覧の右上にある[スパナマーク]をクリックするとメニューが表示されるので、[設定]をクリックします。

 

「Screenpresso Pro」を設定画面から購入する方法2
設定画面が表示されるので[プロフェッショナル版にアップグレード]をクリックします。

 

「Screenpresso Pro」を設定画面から購入する方法3
ダイアログが表示されるので[オンラインで購入]をクリックすると公式サイトに移動します。

 

「Screenpresso Pro」を設定画面から購入する方法4
公式サイトへ移動すると、無料・プロ・企業と3つのプランを選ぶページが表示されるので、真ん中にあるプロの[今買う]をクリックします。

さらにメニューが表示されるので[1ユーザー用に購入]をクリックします。

ワンポイントアドバイス

ページが英語で表示された場合、または不自然な日本語で表示された場合は、ページの右上にある国旗をクリックすると言語を変更できるので、日本を選択してください。

 

「Screenpresso Pro」を設定画面から購入する方法5
カート画面に移るので、支払い方法を選択します。
私はPayPalで支払いました。

 

「Screenpresso Pro」を設定画面から購入する方法6
次に請求先情報を入力します。
入力は日本語で入力してOKです。

種別:個人にチェック(必須)
名:名前を入力(必須)
姓:名字を入力(必須)
番地:お住まいの番地を入力(必須)
市区町村:お住まいの市区町村名を入力(必須)
郵便番号:お住まいの地域の郵便番号を入力
国:日本を選択(必須)
都道府県:お住まいの県名を入力
メールアドレス:メールアドレスを入力(必須)
メールアドレス(再入力):メールアドレスを再入力(必須)

ワンポイントアドバイス

郵便番号と都道府県は必須項目を表すマークが付いていないので空欄でも注文できます。ただし今後必須になるかもしれません。

 

「Screenpresso Pro」を設定画面から購入する方法7
請求金額を確認後、[ご注文を確定する]をクリックします。

支払い方法をPayPalにしている場合は、このあとPayPalに移動するので、PayPal側で支払いを確定させます。

ワンポイントアドバイス

私が購入した時は3,657円でしたが、購入するタイミングによっては変動があるかもしれません。

 

「Screenpresso Pro」を設定画面から購入する方法8
PayPalで支払いを確定させると注文完了です。

数分後に登録したメールアドレス宛てにライセンスキー(サブスクリプションキー)が記載されたメールが届きます。

ワンポイントアドバイス

支払い方法をPayPalにした場合は、注文時に記載したメールアドレスにも、PayPalに登録しているメールアドレスにも支払い完了のメールが届きますが、ライセンスキーが記載されたメールは注文時に入力したメールアドレスに届きます。

購入後にメールで届くライセンスキーを使い認証をしなければPRO版を使えないので、続いてライセンスキー認証の手順を解説します。

PRO版のライセンスキー認証手順

ライセンスキーが記載されたメールは支払い完了のメールとは時間差で届きます。なかなか届かなくて不安になりましたが、私の場合は大体5~10分程度で届きました。

ライセンスキーが記載されたメールが届いたら、ライセンスキー認証画面を表示させます。

ライセンスキー認証画面までの手順

  1. キャプチャ画像一覧のスパナマークをクリック
  2. 設定をクリック
  3. プロフェッショナル版にアップグレードをクリック

 

「Screenpresso Pro」のライセンスキー認証手順
ライセンスキー認証画面を開いて[ライセンスキーの入力]をクリックすると、ライセンスキーの入力欄が表示されるので、メールに記載された[ライセンスキーを入力]し、[ライセンス認証]をクリックします。

ワンポイントアドバイス

ライセンスキーは記号と英数字をランダムに組み合わせており、想像以上にかなり長いためコピペした方がいいです。

 

「Screenpresso Pro」のライセンスキー認証手順2
[ライセンス認証が成功しました]と表示され、これでPRO版として使用できるようになりました。

 

「Screenpresso Pro」のライセンスキー認証手順3
ライセンス認証をすると、無料版の設定画面にあった[プロフェッショナル版にアップグレード]のボタンが消えます。

まとめ

アフィリエイトをしていると、画面をキャプチャする機会が結構あります。

以前はキャプチャソフトで画面をキャプチャし、画像編集ソフトで画像に文字や図形などの注釈を入れていましたが、Screenpressoがあれば、このソフト一つで事足りてしまいます。

しかもある程度画像編集ソフトを使いこなせないと再現が難しい機能が、知識なしで豊富に使えます。

Screenpressoの機能

  • 画面キャプチャ
  • 画面録画
  • 矢印を描く
  • 四角形を描く
  • テキストボックスを追加
  • 吹出しを追加
  • 番号付けを追加
  • 強調
  • 楕円を描く
  • ポリゴン描写
  • フリーハンド
  • 指定の領域をぼかす
  • 画像を追加
  • ルーペを使う
  • 波括弧を描く
  • 画像再編集
  • カラーピッカー
  • テキストのコピー(OCR)
  • 画面録画時間が無制限・ロゴマーク削除
  • 枠線効果

オレンジ色の機能はPRO版限定の機能です。

これだけ高機能で、キャプチャした画像にも瞬時に且つカンタンに注釈を入れることができ、作業時間も短縮できるので、まずは無料版を使って便利さを実感してみてください。

もしかしたら、私のようにすぐにPRO版を購入したくなるかもしれません。笑

公式サイト「Screenpresso」のダウンロードはこちら

 

この記事がお役に立ちましたら、応援クリックお願い致します

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事