【神プラグイン】商品リンクをポチッと作れる『Pochipp』の使い方を徹底解説

どうも、ひろもん(@hiromon_com)です。

ブログ内でオススメの商品を紹介する際、Amazonや楽天市場、Yahooショッピングなどへのリンクをポチッと簡単に作成できる超便利なWPプラグイン「Pochipp(ポチップ)」をご存知ですか?

たとえば以下のような商品リンクを簡単に作成できるのが「Pochipp」です。

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazonで探す
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す

私は今まで商品を紹介する際、「Rinker(リンカー)」という商品リンク作成のプラグインを使用していましたが、試しに使用した「Pochipp」が非常に使いやすかったため、「Rinker」から「Pochipp」に乗り換えました。

そこで今回は、商品リンクをポチッと作成できるWPプラグイン「Pochipp」の使い方について解説します。

もくじ

「Pochipp」のインストール手順

「Pochipp」は無料のプラグインで、WordPressの管理画面から簡単にインストールできます。

「Pochipp」インストール手順1

サイドメニューの[プラグイン]をクリックします。

「Pochipp」インストール手順2

[新規追加]をクリックします。

「Pochipp」インストール手順3

右上の検索ボックスに「Pochipp」と入力すると、該当するプラグインが表示されるので、Pochippの右上にある[今すぐインストール]をクリックし、さらに[有効化]をクリックして完了です。

「Pochipp」の初期設定

「Pochipp」は初期設定をしないと使用できないため、続いてインストール後に行う初期設定について解説します。

アフィリエイト設定

「Pochipp」の初期設定手順1

サイドメニューの[ポチップ管理]にカーソルを合わせるとサブメニューが表示されるので、[ポチップ設定]をクリックします。

「Pochipp」の初期設定手順2

設定画面ではタブを切り替えて、[Amazon・楽天市場・Yahooショピング・もしも]の4つそれぞれに、自分のアフィリエイトIDなどを入力します。

設定を完了するには事前に「バリューコマース」と「もしもアフィリエイト」の登録が必要なので、事前にアフィリエイト登録を済ませておいてください。

それぞれの設定方法は公式サイトで解説されています。

ちなみにAmazonの設定だけは「Pochipp」公式サイトで配布されている「Pochipp Assist」というプラグインを使えば空欄のまま何も設定しなくてOKです。

「Pochipp Assist」のダウンロードはこちら

Amazonアソシエイトプログラムの審査が受からない、もしくは受けていない人向けに用意されている超便利なプラグインなので、該当する方はイントールします。

ボックスデザイン設定

続いてボックスデザインを決めます。

「Pochipp」のデザイン設定手順1

[基本設定]タブをクリックします。

「Pochipp」のデザイン設定手順2

設定画面上部にボックスデザインのプレビューが表示されているので、プレビューを確認しながら下部のチェックボックスで好みのデザインになるようにチェックを入れます。

ひろもんの「Pochipp」の設定

ちなみに私は今のところ上記の設定にしています。

「Pochipp」のデザイン設定手順3

各ボタンの表示テキストを任意で変更します。

各ボタンの表示テキストを変更しても設定画面のプレビューには反映されませんが、記事上ではきちんと反映されているので安心してください。

私が以前使用していた「Rinker」で表示テキストを変更するには、公式販売しているカスタマイズ方法が記載された980円のnoteを購入し、自分でfunctions.phpをカスタマイズしなければならず初心者には少し難しい仕様でした。

一方「Pochipp」では無料でしかも設定画面から簡単にテキストを変更できる神仕様です。

「Pochipp」のデザイン設定手順4

カスタムボタンを2つ設定できるので、それぞれのボタンの色を任意で変更します。

カスタムボタンとは?

Amazon、楽天市場、Yahooショッピング(PayPayモール)以外に任意で追加できるボタンで、たとえば公式サイトなどへのリンクを追加したい場合に使用します。

カスタムボタンは人によってはあまり使わないと思うので、実際に使用するときに設定することにして、とりあえずそのままにしていても大丈夫です。

ちなみに私はデフォルト設定のまま使用しています。

「Pochipp」のデザイン設定手順5

商品リンクをクリックした時にページを別タブで開くかどうかの設定で、任意でチェックを入れます。

「Pochipp」のデザイン設定手順6

商品情報を自動更新するかどうかの設定で、任意でチェックを入れ、[変更を保存]をクリックして初期設定の完了です。

チェックを入れると定期的に価格などが更新され便利ですが、ページの読み込み速度が低下します。

「Pochipp」のセール情報設定

「Pochipp」にはAmazon、楽天市場、Yahooショッピングで行われるセール情報を検索ユーザーに知らせる便利な機能があるので、続いてはセール情報設定について解説します。

設定自体はセールの開催に合わせて行うので、初期段階での設定は必須ではありません。

「Pochipp」のセール情報設定手順1

[セール情報]タブをクリックします。

「Pochipp」のセール情報設定手順2

まずはAmazonセール情報の設定です。

表示:商品リンクボタンの上に表示させたいテキストを入力
期間:セール開始時刻と終了時刻を入力
セール中に隠すボタン:任意でチェック

開始時刻と終了時刻は、入力欄をクリックするとカレンダーが表示されるので、カレンダー上で日時を指定します。

セール中に隠すボタンにチェックを入れると、Amazonセール期間中は楽天ボタンやYahooボタンを非表示にできますが、個人的にはとくに隠す必要はないと思うので、必要であれば任意でチェックを入れてください。

「Pochipp」のセール情報設定手順3

続いて楽天セール情報の設定です。

表示:商品リンクボタンの上に表示させたいテキストを入力
期間:セール開始時刻と終了時刻を入力
定期的なキャンペーン:任意でチェック
セール中に隠すボタン:任意でチェック

基本的にはAmazonの設定と同じですが、楽天の場合は定期的なキャンペーンという項目があり、チェックを入れると楽天で定期的に行われている「5と0のつく日キャンペーン」の時に自動的にセール情報が表示されるようになります。

「Pochipp」のセール情報設定手順4

続いてYahooセール情報の設定です。

表示:商品リンクボタンの上に表示させたいテキストを入力
期間:セール開始時刻と終了時刻を入力
定期的なキャンペーン:任意でチェック
セール中に隠すボタン:任意でチェック

Yahooの場合も定期的なキャンペーンの項目があるので、とくに理由がない場合はチェックを入れておいた方がいいです。

「Pochipp」のセール情報の表示例

ちなみにセール情報設定の表示欄に入力したテキストは上記のように表示されます。

「Pochipp」のセール情報設定手順5

さらに表示テキストを点滅させてより目立たせることもできるので、任意でチェックを入れてください。

各通販サイトのセールは常にあるわけではないので、普段は設定しなくてOKですが、セール期間中はセール情報を表示させた方がユーザーの反応が良くなるので、忘れずに設定しておきます。

ちなみにこのあと紹介する有料版の「Pochipp Pro」なら、すべてのセールが全自動で表示されるので自分でセール情報を設定する必要がなくなり超便利です。

「Pochipp」の使い方

「Pochipp」は商品リンクの”作成”と”管理”ができ、基本的には事前に「Pochipp」に登録した商品を記事に呼び出して使用します。

「Pochipp」に登録せずに使用することもできますが、登録しない理由がないので商品は必ず登録します。

「Pochipp」に商品を登録するメリット
  • 登録した商品はどの記事にでもすぐに呼び出せる
  • 登録した商品は管理画面で一括管理できる

商品登録と記事への呼び出し方法

まずはブログで紹介する商品を「Pochipp」に登録します。

事前に「Pochipp」に登録した商品を記事に呼び出す手順1

[ポチップ管理]にカーソルを合わせるとサブメニューが表示されるので、[新規追加]をクリックします。

事前に「Pochipp」に登録した商品を記事に呼び出す手順2

[商品を検索]をクリックします。

事前に「Pochipp」に登録した商品を記事に呼び出す手順3

Amazon、楽天市場、Yahooショピングの内、どのサイトで商品検索をするか決め、商品名などのキーワードを入力し登録する商品を検索します。

初期設定を済ませないと商品検索ができないため、必ず事前に初期設定を完了させておいてください。

事前に「Pochipp」に登録した商品を記事に呼び出す手順4

画像は試しに「ミネラルウォーター」で検索した例ですが、該当する商品が10個表示されるので、[Amazon商品ページを確認]をクリックして、紹介したい商品かどうかを確認し、問題がなければ[この商品を選択]をクリックします。

表示された商品の中に紹介したい商品がない場合は、より具体的な商品名を入力するなど、検索キーワードを変えて再度検索を行います。

事前に「Pochipp」に登録した商品を記事に呼び出す手順5

今回はAmazonで商品検索をしたので、Amazonのリンクは商品ページ(いろはすの販売ページ)になっていますが、楽天とYahooショッピングのリンクは「ミネラルウォーター」で検索した検索結果ページになっています。

楽天とYahooショッピングのリンクを商品ページにするには、[楽天でも検索][Yahooでも検索]をクリックして、Amazonと同じ要領で商品ページを指定します。

検索結果が表示されればOKの場合は[楽天でも検索]と[Yahooでも検索]を設定しなくてもいいです。

事前に「Pochipp」に登録した商品を記事に呼び出す手順6

検索キーワード:ここに入力したキーワードの検索結果ページが表示される
商品タイトル:任意で商品タイトルを編集
タイトル下に表示するテキスト:任意で商品タイトル下に表示させるテキストを入力
カスタムボタン用URL:4つ目のボタンを表示させる場合は入力
カスタムボタン用テキスト:4つ目のボタンテキスト

基本的には商品タイトルをわかりやすいものに編集する程度で大丈夫ですが、他の項目は任意で入力します。

事前に「Pochipp」に登録した商品を記事に呼び出す手順7

ちなみに「タイトル下に表示するテキスト」と「カスタムボタン(4つ目のボタン)」を入力した場合は画像のようになります。

事前に「Pochipp」に登録した商品を記事に呼び出す手順8

最後に[Pochipps]タブをクリックし、[新規商品カテゴリーを追加]をクリックして商品をカテゴリー分けしてから、[公開]をクリックして商品の登録は完了です。

登録した商品は記事編集時にいつでも呼び出せます。

事前に「Pochipp」に登録した商品を記事に呼び出す手順9

「Pochipp」を有効化するとポチップブロックが追加されるので、[ポチップブロック]を記事に挿入します。

事前に「Pochipp」に登録した商品を記事に呼び出す手順10

[商品を検索]をクリックします。

事前に「Pochipp」に登録した商品を記事に呼び出す手順11

「Pochipp」に登録した商品が表示されるので、[この商品を選択]をクリックしてブログで紹介したい商品を挿入します。

登録した商品が多い場合はカテゴリーを選択したり、キーワードを入力して商品を絞ると商品を探しやすくなります。

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazonで探す
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す

登録した商品を呼び出すと上記のようになります。

Amazonのリンクは「商品ページ」で、楽天市場とYahooショッピングのリンクは「検索結果ページ」になっています。

それぞれのリンクを実際にクリックして頂ければ「商品ページ」と「検索結果ページ」の違いがわかるかと思います。

事前に「Pochipp」に登録した商品を記事に呼び出す手順12

商品は呼び出したあとに価格を非表示にできるので、任意でチェックを入れてください。

事前に登録した商品を記事に呼び出す方法については以上です。

記事に挿入した商品を登録する方法

続いて記事に挿入した商品を登録する方法について解説していきます。

記事に挿入した商品を「Pochipp」に登録する手順1

記事内で商品を紹介したい箇所に[ポチップブロック]を挿入し[商品を検索]をクリックします。

記事に挿入した商品を「Pochipp」に登録する手順2

Amazon、楽天市場、Yahooショピングの内、どのサイトで商品検索をするか決め、商品名などのキーワードを入力し登録する商品を検索します。

商品検索でエラーが出る場合、少し時間を空けるとうまく動作します。

記事に挿入した商品を「Pochipp」に登録する手順3

今回はAmazonで検索を使い「ネスカフェ ゴールドブレンド」で検索した例ですが、該当する商品が10個表示されるので、[Amazon商品ページを確認]をクリックして、紹介したい商品かどうかを確認し、問題がなければ[この商品を選択]をクリックします。

記事に挿入した商品を「Pochipp」に登録する手順4

右側に「ポチップ管理には未登録のブロックです。」と表示されているように、記事に直接挿入した商品は「Pochipp」に登録されないので、登録するには下部にある[商品データをポチップ管理画面に登録する]をクリックします。

登録しない理由がないので、こちらの方法で商品リンクを作成した場合は忘れずに登録しておきましょう。

登録した商品の管理

「Pochipp」に登録した商品を管理する手順1

サイドメニューの[ポチップ管理]をクリックします。

「Pochipp」に登録した商品を管理する手順2

今までに「Pochipp」に登録したすべての商品が表示されるので、ここで編集や削除などが行えます。

「Pochipp Pro」で機能強化

「Pochipp」は無料版でも十分便利なプラグインですが、さらに機能が強化された有料版の「Pochipp Pro」もあります。

「Pochipp Pro」で追加される機能
  1. クリック率計測
  2. セール複数設定
  3. セール自動取得
  4. その他(今後さらに機能が追加予定)

「Pochipp Pro」 導入手順

まずは公式サイトで「Pochipp Pro」を購入します。

Pochipp Pro 」公式サイトはこちら

「Pochipp Pro」 導入手順1

「Pochipp Pro」はサブスクタイプのプラグインで、月額制と年額制のどちらか好きな方から購入します。

料金
月額制400円/月
年額制4,000円/年

年額制の方が2ヶ月分安いので、基本的には年額制の方がオススメです。

購入者はマイページから月額制・年額制の変更と解約ができます。

「Pochipp Pro」 導入手順2

メールアドレス:メールアドレスを入力
カード情報:クレジットカード情報を入力
カード所有者名:クレカの名義を入力
国または地域:日本
情報を保持して次回の支払い処理を迅速化する:任意でチェック

必要事項を入力したら[申し込む]をクリックして完了です。

入力したメールアドレス宛に、プラグインのダウンロードリンクやライセンスキーが記載されたメールが届くので、プラグインをダウンロードします。

「Pochipp Pro」 導入手順3

ダウンロードした「Pochipp Pro」をインストールするために、[プラグインのアップロード]をクリックします。

「Pochipp Pro」 導入手順4

[ファイルを選択]からダウンロードしたZIPファイルを選択し、[今すぐインストール]をクリックします。

インストールが完了したらプラグインを有効化します。

「Pochipp Pro」 導入手順5

「Pochipp Pro」を有効化すると、「Pochipp」の管理画面に[ライセンス]の項目が新たに追加されます。

私の場合は「Pochipp Pro」を有効化した時点で自動的に「ライセンスが確認できました。」と表示されていましたが、もしライセンスキーの入力を求められた場合は、ここに入力してください。

「Pochipp Pro」の機能紹介

クリック率計測

「Pochipp Pro」のクリック率計測機能

「Pochipp Pro」を有効化すると[クリック率計測]の項目が追加され、以下のことを計測できるようになります。

計測可能なもの
  • リンク設置後のPV数
  • リンクの表示回数
  • ここまで読まれた割合
  • リンクのクリック数
    • Amazon
    • Rakuten
    • Yahoo
    • カスタム1
    • カスタム2
    • 画像またはタイトル
  • 表示回数に対するクリック率

これらの数値を知ることで、商品リンクを設置した場所までどれだけのユーザーが辿り着いたのかや、どのリンクをクリックしたのかなどの詳細なデータを取れるので、より効果的に商品リンクを設置できるようになります。

セール複数設定

「Pochipp Pro」のセール複数設定機能

無料版の「Pochipp」ではセール情報設定をひとつしかできないため、セールの度にテキストの変更が必要ですが、「Pochipp Pro」は最大5つまでセール情報設定が可能なので、テキストを変更する手間が省けます。

セール自動取得

「Pochipp Pro」のセール自動取得機能

「Pochipp Pro」を有効化すると、セール情報設定ページに「セール自動取得」の項目が追加されるので、[自動取得を有効にする]にチェックを入れて設定を保存します。

これでAmazon・楽天・Yahooショッピングで各種セールが行われる度に、全自動でセール情報が表示されるようになるので、今後手動でセール情報を入力する手間を省けます。

セール情報を設定すると通常よりも売上がアップしますが、手動だと設定し忘れることもあるため、自動でセール情報を設定できるようになれば、大幅に手間が省けるだけでなく、設定し忘れによる機会損失も防げて一石二鳥です。

ちなみに「Rinker」でも「COPIA(コピア)」という月額制の有料プラグインを組み合わせることで、セール情報を自動で表示させられますが、「Pochipp Pro」は「COPIA」の半額以下の料金で使用できます。

「Pochipp Pro」と「COPIA」の料金を比較すると、どちらがお得かは 一目瞭然です。

月額プラン年額プラン
Pochipp Pro400円4,000円
COPIA1,078円8,580円

その他の機能

他にどんな機能が追加されるかまだ未定ですが、追加する機能を選定中とのことなので、他にどんな便利機能が追加されるのか楽しみです。

ちなみに「Pochipp Pro」は一度の購入で複数のサイトで使用できるので、私のように複数のサイトやブログを運営している方にも優しい仕様です。

ブログに導入して損のないプラグインなので、興味があれば導入してみてください。

\ 全自動で売上げアップ /

Pochipp機能拡張プラグイン

「Rinker」から乗り換える方法

私が「Rinker」から「Pochipp」に乗り換えた時は、手動でリンクを一つずつ張り直して乗り換えましたが、今は「Pochipp」側に乗り換え用のプラグイン「ポチリン」が用意されています。

「ポチリン」のダウンロードはこちら

使い方は「ポチリン」をインストールし「変換する」をクリックするだけです。

万が一トラブルでうまく変換できない場合でも、バックアップがあれば前のデータに戻せるので、必ず事前にデータのバックアップを取っておいてください。

まとめ

ブログをやっている方なら少なからず商品を紹介する機会があるはずなので、売上アップが見込める「Pochipp」を使わない手はないです。

「Rinker」のカスタマイズは素人には難しいPHPファイルを編集しなければなりませんが、「Pochipp」ならWordPressの管理画面上でカスタマイズが完了するので、難しい操作がありません。

初心者にも優しく全ブロガーにオススメのプラグイン「Pochipp」、ぜひお試しください。

ひろもん

「Pochipp」は「SWELL」の製作者の了さんも手伝って開発されたプラグインなので、「SWELL」との相性もいいですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • コメント失礼いたしますm(_ _)m

    ポチップの検索結果を、
    Amazon(もしも経由)、楽天、Yahooと全て検索結果にすることは出来ない感じでしょうか???

    今楽天で商品検索して、設定すると、
    楽天ー商品ページ
    Amazonー検索ページ
    Yahooー検索ページになるので、
    それをすべて検索ページに飛ぶようには出来ない感じでしたでしょうか?

    • たかさん、コメントありがとうございます。

      最低一つは直接商品ページへのリンクになるので、
      おそらくすべてを検索ページにはできないと思います。

コメントする

トップへ
もくじ
閉じる