【基本】アフィリエイトに必須の『ASP』について詳しく解説

どうも、ひろもん(@hiromon_com)です。

アフィリエイトを始めるには『ASP』への登録が必要になるので、今回は『ASP』について詳しく解説します。

もくじ

『ASP』とは

『ASP』とは「アフィリエイト・サービス・プロバイダ」の略で、アフィリエイターと広告主を仲介してくれる会社のことです。

アフィリエイトの仕組み

『ASP』には企業から依頼された広告がほぼ毎日追加され、アフィリエイターはASPに登録することで、ASPに登録されている広告を自由に閲覧できるようになります。

『ASP』の広告の中から自分のサイトに掲載する広告を選び、サイトに掲載した広告経由で商品が売れるとアフィリエイターに報酬が支払われます。

絶対に登録すべきASP

アフィリエイトを始めるには『ASP』への登録が必須ですが、『ASP』は無数にあるので初めにどの『ASP』に登録するべきなのかわからず悩むと思います。

どの『ASP』も登録は無料ですが、扱っている広告のジャンルや広告数、報酬単価などが違うので、まずは幅広くジャンルを網羅していて、広告数が多い『ASP』に登録するのがオススメです。

絶対に登録すべきASP

この4つのASPは取り扱っているジャンルが多く報酬単価の高い商品も多いので、アフィリエイトで稼ぐなら登録必須のASPです。

これらのASPのさらに詳しい解説は下記の記事を参考にしてください。

クローズドASPとは

『ASP』の中には一部の限られたアフィリエイターだけが登録できる、「クローズドASP」があるのですが、基本的にアフィリエイト初心者は登録できません。

登録者を制限している理由

「クローズドASP」が登録者を制限している理由はいくつかあります。

登録者を制限している理由
  • 担当者の数が少ない
  • 実力のあるアフィリエイターだけを集めたい
  • 少ない労力で大きな収益を上げたい

通常の『ASP』は誰でも登録できるので、大勢のアフィリエイターを抱えることになり、お問い合わせなどで膨大な労力が掛かるため、従業員も大勢必要です。

「クローズドASP」の場合は小規模で担当者の人数も限られているため、大手ASPのように無制限にアフィリエイターを登録させてしまうと、担当者の手が回らずアフィリエイターの管理ができません。

少人数の会社が大きな収益をあげるには、実力のあるアフィリエイターだけに登録してもらうのが一番なので、登録を制限しています。

クローズドASPに登録する方法

クローズドASPに登録するには3つの方法があります。

クローズドASPに登録する方法
  • クローズドASPからの連絡を待つ
  • コミュニティなどに入り紹介してもらう
  • 実績を示して登録依頼をする

基本的にはサイトが上位表示していたり、作り込まれたキレイなサイトが担当者の目に留まれば、サイトに設置してあるお問い合わせフォーム経由で登録依頼の連絡が来ます。

アフィリエイト塾やコミュニティに入る特典としてクローズドASPへの登録があったり、自分から販売実績を示して登録させてもらうパターンもありますが、クローズドASPに登録したからといって稼げるようになるわけではないので、そこまでして登録する必要はありません。

まとめ

アフィリエイトを始めるには『ASP』への登録が必須で、絶対に登録すべき『ASP』は以下です。

絶対に登録すべきASP

ちなみに企業から直接契約の連絡が来ることもあり、直接契約できればもっとも好条件になります。

ひろもんのアイコン画像ひろもん

私も企業と直接契約をしていますが、どのASPよりも報酬が高いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる