ASPについて詳しく解説!クローズドASPに登録する方法とは?

どうも、ひろもんです。

前回はアフィリエイトについて詳しく解説し、その中でASPについても軽く触れましたが、今回はASPについてさらに詳しく解説します。

ASPとは?

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)とは、アフィリエイターと広告主を仲介してくれる会社のことです。

アフィリエイトの仕組み
ASPには企業から依頼された広告がほぼ毎日追加され、アフィリエイターはASPに登録することで、ASPに登録されている広告を自由に閲覧できるようになります。

たとえばサイトで青汁を紹介するのであれば、ASPの中から青汁の広告を選び、その広告をあなたのサイトでオススメの青汁として紹介し、紹介した青汁が売れればあなたに報酬が支払われます。

このようにアフィリエイトを始めるには、必ずASPに登録しなければいけません。

ASPは無数にある

ASPは無数にある
アフィリエイトを始めるにはASPに登録する必要がありますが、初心者からすると無数にあるASPの、どれに登録したらいいのかわからないと思います。

どのASPも無料で登録可能ですが、ASPごとに扱っている広告のジャンルや数が違うので、初めは幅広くジャンルを網羅していて、広告数が大量にあるASPに登録するのがオススメです。

絶対に登録するべきASPはこちらで解説しています。

一部の人だけが登録できるクローズドASP

ASPの中には一部の限られたアフィリエイターだけが登録できる、クローズドASPがあるのですが、基本的にアフィリエイト初心者は登録できません。

クローズドASPにしている理由

登録者を限定している理由は色々あります。

クローズドにしている理由
  • 担当者の数が少ない
  • 実力のあるアフィリエイターだけを集めたい
  • モラルのあるアフィリエイターだけを集めたい
  • 少ない労力で大きな収益を上げたい

いくつか理由を挙げましたが、「少ない労力で大きな収益を上げたい」これに尽きます。

通常のASPだと誰でも登録できるので、大量のアフィリエイターを抱えることになり、問い合わせなどで膨大な労力が掛かるため、従業員の数が必要です。

クローズドASPの場合は小規模なことが多く、担当者の人数も限られているため、大手のように無制限にアフィリエイターを登録させてしまうと、担当者の手が回らずアフィリエイターの管理ができません。

少人数で大きな収益をあげるには、実力のある一部のアフィリエイターだけに登録してもらうのが一番ですし、不適切なサイトへ広告を掲載するような、モラルのないアフィリエイターの登録を防ぐこともできます。

クローズドASPの特徴とは?

クローズドASPで扱っている広告はそのASP独自の広告もありますが、普通のASPと同じ広告もあり、クローズドASPの方が高単価な場合があります。

扱っている広告数は比較的少ないので、必ずしもあなたが望んでいるジャンルの広告があるわけではなく、取り組む予定のない広告しかないこともあります。

クローズドASPに登録するからと言って、必ず稼げるわけではないので、機会がなければ別に登録する必要はないです。

クローズドASPに登録するための3つの方法

クローズドASPに登録するには3つの方法があります。

クローズドASPに登録する方法
  • クローズドASPからの連絡を待つ
  • 誰かに紹介してもらう
  • 実績を示して登録させてもらう

基本的には特定のキーワードで上位表示していたり、サイト内のコンテンツがしっかりと作り込まれている場合に、サイトに掲載しているメールアドレス宛てに連絡が来て、登録する流れです。

私も複数のクローズドASPに登録していますが、すべてこのパターンで登録しました。

誰かに紹介してもらうコネ登録パターンもありますが、クローズドASPに登録したからといって稼げるようになるわけではないので、人に頼んでまで登録する必要はないです。

他には自分のサイトや販売実績を示して登録させてもらうパターンですが、この方法も自分から頼んでまで登録する必要はないと思います。

初めのうちはクローズドASPに憧れたりしますが、普通にサイト運営を続けていれば、色々なASPから連絡が来るようになるので、紹介してもらったり連絡をしたりする必要はありません。

登録しない方が良いASPもある

ASPから連絡が来ると、きちんとしたASPなのか、登録しても大丈夫なのか調べてから登録するようにしているのですが、時々調べてもまったく情報の出てこないASPがあります。

情報のないASPに登録してトラブルになるのは避けたいので、調べても情報が出てこないASPには登録しない方がいいです。

他にもスパムメールのように、毎日登録するように連絡してくるASPもありますが、こういうモラルのないASPも避けた方がいいでしょう。

 

この記事がお役に立ちましたら、応援クリックお願い致します

Twitterでフォローしよう