ライバル強くても関係ない!稼ぎ続けるためのキーワード選定方法

どうも、ひろもんです。

後々はライバルと競合する王道キーワードでも上位表示を目指しますが、たとえライバルが強かったとしても、ライバルが気づいていないキーワードを見つけることができれば、ライバル不在で稼げると思いませんか?

今回はそんなキーワード選定について解説します。

キーワード選定方法

商品を徹底的に調べる

扱う商品について知らなければキーワードの決めようがないので、まずは商品について徹底的に調べることから始めます。

商品について調べる際、商品販売ページを調べるのは当然ですが、販売会社のホームページも調べた方がいいです。

販売会社のホームページには販売ページに書かれていない情報が書かれている場合があるので、もしそのような情報があればより商品について知ることができますし、思わぬキーワードが見つかることがあります。

関連キーワードを調査する

商品販売ページと販売会社のホームページを調べると、たくさんのキーワードを見つけることができるので、見つけたキーワードの関連キーワードを調べます。

関連キーワードとはメインキーワードと一緒に検索されるキーワードのことで、下の画像の【ダイエット】のあとに続くキーワードが関連キーワードです。

関連キーワードを調査する
基本的に2語か3語のキーワードの組み合わせで集客を行うので、記事にできそうな関連キーワードを探してピックアップしておきます。

ちなみに複数のキーワードを組み合わせたキーワードのことを複合キーワードと言います。

関連キーワードを調査する

関連キーワードの探し方

関連キーワードは検索エンジンのサジェスト機能を使って探します。サジェストとは検索窓に打ち込んだキーワードに関連の深いキーワードを予測表示してくれる機能です。

サジェストに表示されるキーワードは検索数の多いキーワードなので、その中から商品の成約に結びつきそうなものや集客に使えそうなものをピックアップして記事にしていきます。

サジェストの例
ニキビ用品で有名な「プロアクティブ」と打ち込んでみると、「プロアクティブ ○○」とプロアクティブと一緒によく検索されている関連キーワードを表示してくれます。

一般的な関連キーワードの探し方はこの方法を使います。

関連キーワードの探し方
商品販売ページや販売会社のホームページで見つけたキーワードを軸に、使えそうな関連キーワードをどんどん見つけていきましょう。

ちなみにツールを使えば、カンタンに大量の関連キーワードを取得することができるので、ツールで関連キーワードを一括取得するのがオススメです。

どのツールも無料で使えますし、使い方はメインキーワードを入力するだけです。

ライバルとは違う切り口を探す

少し考えてみてください。

もしあなたがプロアクティブのサイトを作るとしたらどんなキーワードを使いますか?

[プロアクティブ 効果]
[プロアクティブ 通販]
[プロアクティブ 評判]

このようなキーワードで集客できればいいですが、誰でもカンタンに思いつくキーワードはライバルが多く上位表示するのは難しいことが多いです。

そこで多くのライバルたちとは違う切り口を探してそこから集客する方法を使います。

切り口の違うキーワードの例
たとえば、「美人JK100人に聞いたモテる男の5つの要素!」みたいなタイトルで記事を書き、その中の1つにニキビはない方がモテると解説し、ニキビで悩んでいるならプロアクティブがオススメみたいな感じで誘導したりするといいです。

この方法が使えるようになると、商品とはまったく関係ないキーワードで集客し、商品購入まで繋げることができるので、ライバル不在の状態で稼ぎ続けることができます。

 

ぜひ応援クリックお願い致します

ブログランキング

気軽にTwitterしてくださいね!