【Search Console】今さら聞けないサーチコンソールの登録方法を徹底解説!

どうも、ひろもんです。

あなたは「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」を活用していますか?

サイト運営に役立つので多くの方が使っていると思いますが、中には「イマイチよくわからないので使っていない」という方もいると思うので、今回は「Search Console」の登録方法について解説します。

「Search Console」とは

「Search Console」とは
「Search Console」はサイト運営者向けに提供されている無料ツールで、Googleのアカウントがあれば誰でも利用できます。

「Search Console」にサイトを登録すると以下のことを確認できます。

「Search Console」で確認できること

  • 検索結果に表示された回数
  • 検索結果でクリックされた回数
  • 検索結果に表示された際のクリック率
  • どんなキーワードで集客できているか
  • 各キーワードの検索順位
  • エラーページの有無
  • ペナルティーの有無
  • 外部リンク
  • 内部リンク

ひろもん
無料でここまでのことがわかるなんてありがたいですね。

「Analytics」と「Search Console」の違い

Googleのアクセス解析ツールには「Google Analytics」と「Google Search Console」の2つがありますが、それぞれ役割が違います。

「Google Analytics」はユーザー数・PV数・平均ページ滞在時間・直帰率・離脱率など、主に検索ユーザーがサイトを訪問したあとのデータを確認できます。

「Google Search Console」は検索結果に表示された回数・クリックされた回数・どんなキーワードで検索されているかなど、主に検索ユーザーがサイトを訪問する前のデータを確認できます。

ひろもん
「Search Console」は集客前のデータで、「Analytics」は集客後のデータなので、それぞれ役割が違います。

「Search Console」の登録方法

「Search Console」の登録方法はレンタルサーバーごとに違うので、ここではとくに利用者の多いエックスサーバーとロリポップを使用している場合の登録方法を解説します。

エックスサーバー使用時の登録方法

まずは「Search Console」にアクセスします。

「Search Console」の登録方法1
[今すぐ開始]をクリックします。

 

「Search Console」の登録方法2
Googleにログインが必要なので[メールアドレス]を入力して[次へ]をクリックします。

 

「Search Console」の登録方法3
[パスワード]を入力し[次へ]をクリックします。

 

「Search Console」の登録方法4
プロパティタイプの入力画面では「ドメイン」と「URLプレフィックス」のどちらかを選択しますが、通常はドメイン側を選びます。

ドメイン側の入力欄に[登録するドメイン]を入力し[続行]をクリックします。

ワンポイントアドバイス

  • ドメイン(サイト全体を解析)
  • URLプレフィックス(特定のページだけを解析)

ドメイン側の入力欄に入力するのはサイトURLではなくドメインなので「https://」と語尾の「/」は必要ありません。

入力の例 → https://domain.com/(赤文字の箇所を入力する)

 

「Search Console」の登録方法5
入力したドメインの所有権があなたにあることを証明するために、ここで表示されたコードをレンタルサーバーにログインして貼り付ける作業を行います。

とりあえずここでは「コピー」をクリックします。

次はサーバー側での作業なのでエックスサーバーにログインします。

ワンポイントアドバイス

画面右下にある[確認]ボタンはコードを貼り付けたことを確認するボタンなので、今はクリックしないでください。(クリックしても所有権を証明できませんでしたとエラーが出るだけです)

 

「Search Console」の登録方法6
エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、[DNSレコード設定]をクリックします。

 

「Search Console」の登録方法7
エックスサーバーに登録しているドメイン一覧が表示されるので、該当するドメインの[選択する]をクリックします。

 

「Search Console」の登録方法8
[DNSレコード追加]のタブをクリックします。

 

「Search Console」の登録方法9

ホスト名:空欄
種別:TXT
内容:Search Consoleのコードをコピペ
優先度:0

[確認画面へ進む]をクリックします。

ワンポイントアドバイス

ホスト名と優先度はデフォルトのままでOKです。

 

「Search Console」の登録方法10
確認画面が表示されるので、[追加する]をクリックします。

 

「Search Console」の登録方法11
これでエックスサーバー側での作業は終わりなので、Search Consoleに戻ります。

 

「Search Console」の登録方法12
Search Consoleに戻ってきたら所有権確認画面で、右下にある[確認]をクリックします。

ワンポイントアドバイス

ここまで作業を行って所有権が確認できない場合は、まだ設定が反映されていないだけなので、しばらく時間を空けてからもう一度確認をクリックすると確認できるようになります。

 

「Search Console」の登録方法13
所有権が確認できればこの画面になります。

これでサイトがSearch Consoleに登録されたので、[プロパティに移動]をクリックすると各種データを確認できる画面に移動します。

ワンポイントアドバイス

Search Consoleに登録した直後だとまだデータがないので、数日経ってから確認するといいです。

 

ロリポップ使用時の登録方法

ロリポップの場合はエックスサーバーとは違い、ドメインを管理している側でも設定が必要です。

ドメインの管理と言ったらムームードメインなので、ここではロリポップとムームードメインでの登録方法について解説します。

ドメインの所有権確認コードをコピーするまではエックスサーバーの時と同じ手順なので、ムームードメインにアクセスするところから解説を始めます。

「Search Console」の登録方法14
ムームードメインのコントロールパネルで[ムームーDNS]をクリックします。

 

「Search Console」の登録方法15
該当するドメインの[利用する]をクリックすると、「ムームーDNS利用設定を行ってもよろしいですか?」とポップアップが表示されるので、[OK]をクリックします。

するとさらに「引き続き、ご利用のサービス情報をセットアップしてください。」と表示されるので、[OK]をクリックします。

 

「Search Console」の登録方法16
セットアップ画面に移るのですべてのサービスを[ロリポップ!]にチェックを入れて、[セットアップ情報変更]をクリックします。

「サービス情報をセットアップしてもよろしいですか。」とポップアップが表示されるので、[OK]をクリックします。

 

「Search Console」の登録方法17
再度ムームーDNS設定画面に戻り、今度は[カスタム設定]をクリックすると、「カスタム設定に切り替えてよろしいですか?」とポップアップが表示されるので、[OK]をクリックします。

 

「Search Console」の登録方法18
「設定2」の方にSearch Consoleのコードを貼り付けます。

サブドメイン:空欄
種別:TXT
内容:Search Consoleのコードをコピペ
優先度:空欄

入力が終わったら[セットアップ情報変更]をクリックします。

すると「カスタム設定をセットアップしてもよろしいですか?」とポップアップが表示されるので[OK]をクリックします。

ワンポイントアドバイス

サブドメインと優先度は空欄でOKです。

 

「Search Console」の登録方法19
次はサイドメニューの[ネームサーバ設定変更]をクリックします。

 

「Search Console」の登録方法20
該当ドメインの[ネームサーバ設定変更]をクリックします。

 

「Search Console」の登録方法21
[ムームードメインのネームサーバ(ムームーDNS)を使用する]にチェックを入れて、画面下の[ネームサーバー設定変更]をクリックします。

すると「ネームサーバの設定変更を行ってもよろしいですか。」とポップアップが表示されるので、[OK]をクリックします。

これでムームードメイン側での作業は終わりです。
続いてロリポップ側の設定に移ります。

 

「Search Console」の登録方法22
コントロールパネルの左メニューにある[ムームーDNSへ移行]をクリックし、表示された設定画面で該当ドメインを選択して[移行する]をクリックします。

すると「DNSを移行します。よろしいですか?」とポップアップが表示されるので、[OK]をクリックします。

ロリポップでの設定は以上で終わりなので、Search Consoleに戻ります。

 

「Search Console」の登録方法12
Search Consoleに戻ってきたら所有権確認画面で、右下にある[確認]をクリックします。

ワンポイントアドバイス

ここまで作業を行って所有権が確認できない場合は、まだ設定が反映されていないだけなので、しばらく時間を空けてからもう一度確認をクリックすると確認できるようになります。

 

「Search Console」の登録方法13
所有権が確認できればこの画面になります。

これでサイトがSearch Consoleに登録されたので、[プロパティに移動]をクリックすると各種データを確認できる画面に移動します。

ワンポイントアドバイス

Search Consoleに登録した直後だとまだデータがないので、数日経ってから確認するといいです。

 

「Search Console」の登録方法23
ちなみにエラーだとこの画面になります。

ワンポイントアドバイス

ここまでの作業でサイトが表示されなくなっても慌てないでください。
すべての設定が反映されるとサイトが表示されるようになります。

一応ロリポップでの設定が終わったあとに再度ムームードメイン側で、「ネームサーバー」と「ムームーDNS」の設定を確定させるとサイトがうまく表示されるようになる気がします。

最後に

「Search Console」の登録方法について解説してきましたが、いかがでしたか?

無料で多くの貴重なデータを確認できるので、ぜひサイトの改善に役立ててください。

ひろもん
登録したばかりだとあまり情報はありませんが、徐々にデータが蓄積されていくので、時々チェックしてみてください。

 

ぜひ応援クリックお願い致します

ブログランキング

気軽にTwitterしてくださいね!