【Chrome拡張機能】サイトのメタ情報をチェックできる『SEO META in 1 CLICK』の使い方を徹底解説!

どうも、ひろもん(@hiromon_com)です。

今回は多くの方が使っているブラウザのChromeを、アフィリエイター用にさらに便利にする拡張機能『SEO META in 1 CLICK』を紹介します。

『SEO META in 1 CLICK』は、たったワンクリックするだけで開いているページのメタ情報を確認できる便利な拡張ツールです。

自分のサイトの確認やライバルサイトの情報を確認する時に、ものすごく役立ちます。

もくじ

『SEO META in 1 CLICK』使用方法

Chromeウェブストアで『SEO META in 1 CLICK』をChromeに追加すると、ブラウザの右上に“SEO”のアイコンが表示されます。

『SEO META in 1 CLICK』使用方法1
『SEO META in 1 CLICK』使用方法

あとはメタ情報を確認したいページを開いた状態でこのアイコンをクリックすると、メタ情報が書かれたダイアログが表示されます。

メタ情報とは「ページを構成する情報」です。

『SEO META in 1 CLICK』使用方法2

ダイアログのタブをクリックで切り替えて、表示させる情報を変更できます。

『SEO META in 1 CLICK』6つの機能

それでは、6つの機能を1つずつ紹介します。

Summary:概要

「Summary」タブではページ全体の大まかな情報を確認できます。

いろいろな情報を確認できますが、基本的にはタイトルとディスクリプションの確認に使います。

『SEO META in 1 CLICK』のSummaryタブ

Headers:見出し構造

「Headers」タブでは見出し構造と各見出しの数を確認できます。

自分のサイトの見出しチェックや、ライバルサイトの見出し構造を抜き出すのに使えます。

『SEO META in 1 CLICK』のHeadersタブ

Images:画像情報

「Images」タブではページに使用されている画像の数、ALT抜けの数、TITLE抜けの数を確認できます。

またスクロールすることで、すべての画像のALTとTITLEを確認でき、ファイル名にカーソルを合わせるとサムネイル画像が表示されるので、ひと目でどの画像のALTが抜けているのかがわかります。

ワンポイントアドバイス

ここで表示される画像の数は”記事内で使用されている画像の数”ではなく、”ページ全体に使用されている画像の数”です。そのため、サイドバーや記事下部にある関連記事、プロフィール画像なども数にカウントされます。

『SEO META in 1 CLICK』のImagesタブ

Links:リンク情報

「Links」タブではリンクの数を確認できます。

個人的にはあまり使っていない項目で、画像では左から総リンク数、外部リンク数、内部リンク数としていますが、もしかしたら間違っているかもしれません。

LINKS:総リンク数(ヘッダー・フッダー・サイドバー・タグも含む)
unique:外部リンク数
internal unique:内部リンク数
without TITLE:TITLE抜けの数

『SEO META in 1 CLICK』のLinksタブ

Social:SNS情報

「Social」タブではOGP情報を確認できます。

OGPとはOpen Graph Protocol (オープン・グラフ・プロトコル)の略称で、FacebookやTwitterなどのSNSでシェアされた時に、ページ情報を正しく表示させるための設定の確認に使います。

スクロールするとTwitterカードの情報も確認できます。

『SEO META in 1 CLICK』のSocialタブ

Tools:外部の便利ツール

「Tools」タブでは現在開いているページを外部ツールでチェックできます。

人によってはほとんど使う機会がない外部ツールもありますが、モバイルフレンドリーチェックやサイトパフォーマンスチェックは役立ちます。

『SEO META in 1 CLICK』のToolsタブ

「SEO META in 1 CLICK」活用方法

「SEO META in 1 CLICK」の活用方法

ここまでの説明でなんとなく「便利そうだ」ということはわかって頂けたかと思いますが、では実際にどのように活用すればいいのかカンタンに説明します。

自サイトでの活用方法

自分のサイトで使う場合は、主に記述ミスや記述漏れのチェックに使います。

チェック項目
  • タイトルチェック(誤字脱字・タイトルの付け方など)
  • ディスクリプションチェック(適切な説明になっているか)
  • キーワードチェック(適切なキーワードが設定されているか)
  • 見出し構造チェック(見出しタグの順番や構成があっているか)
  • 画像のALT抜けチェック(ALT抜けはないか)
  • OGPチェック(SNS設定はできているか)

ライバルサイトでの活用方法

ライバルサイトで使う場合は、ライバルサイトの情報を抜き出す時に使います。

狙うキーワードで上位表示しているライバルサイトはどんなタイトル、ディスクリプション、見出し構造なのかを抜き出すことで、どんな記事を書けばいいのか参考になります。

チェック項目
  • タイトル(どんなタイトルを付けているか)
  • ディスクリプション(どんな説明文か)
  • 見出し構造(どんな見出し文でどんな構造か)

まとめ

Chromeの拡張機能『SEO META in 1 CLICK』を紹介してきましたが、いかがでしたか?

開いているページの情報をワンクリックでサクッと調べられるので、非常に便利な拡張機能です。

ひろもんのアイコン画像ひろもん

記事を一番下まで読んだりしなくても情報を抜き出せるので、作業が捗りますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

    • なかいさん、コメントありがとうございます。

      参考になったようで嬉しいです^^
      また遊びに来てください。

コメントする

もくじ
閉じる