【WPプラグイン】人気記事を表示させる「WordPress Popular Posts」の使い方と設定方法を解説!

どうも、ひろもんです。

大体どのサイトにも”人気記事ランキング””よく読まれている記事”など表示されていますが、人気記事ランキングがあれば回遊率や滞在時間を伸ばせるので、可能であれば表示させた方がいいです。

私の場合はWordPressプラグインの「WordPress Popular Posts」で表示させています。

「WordPress Popular Posts」は人気記事ランキングを表示させる定番プラグインなので、今回は「WordPress Popular Posts」の使い方と設定方法について解説します。

「WordPress Popular Posts」のインストール

「WordPress Popular Posts」は無料のプラグインなので、WordPressの管理画面からカンタンにインストールできます。

WordPressのプラグインインストール方法
[プラグイン]をクリックします。

 

WordPressのプラグインインストール方法2
[新規追加]をクリックします。

 

「WordPress Popular Posts」のインストール方法
右上の検索ボックスに「WordPress Popular Posts」と入力すると、該当するプラグインが表示されるので、WordPress Popular Postsの右上にある[今すぐインストール]をクリックし、さらに[有効化]をクリックします。

これでインストールは完了です。

「WordPress Popular Posts」の設定

まずは初期設定を行っていきます。

「WordPress Popular Posts」の設定方法1
WordPress管理画面の左メニューにある[設定]にカーソルを合わせるとサブメニューが表示されるので、[WordPress Popular Posts]をクリックします。

 

「WordPress Popular Posts」の設定方法2
画面上部にある[ツール]をクリックすると設定画面に移動します。

 

「WordPress Popular Posts」の設定方法3
デフォルトのアイキャッチ画像:設定不要
画像の取得元:アイキャッチ画像
Lazy Load:はい

ワンポイントアドバイス

記事に画像は絶対使いますし、アイキャッチも設定するはずなので、デフォルトの設定のままで問題ありません。

Lazy Loadもデフォルトの「はい」の方がページの読み込みが速いのでそのままでOKです。

 

「WordPress Popular Posts」の設定方法4
閲覧を記録する対象者:訪問者のみ
ログ上限:180日(任意で変更してもOK)
ウィジェットをAJAX化:無効
データキャッシュ:キャッシュしない(アクセスが多いサイトなら有効でもOK)
データサンプリング:無効(アクセスが多いサイトなら有効でもOK)

ワンポイントアドバイス

閲覧を記録する対象者を訪問者のみにしないと、サイト管理者であるあなた自身の閲覧もカウントされてしまい、純粋な人気記事ランキングではなくなります。

たとえばあなたが記事をチェックするなどの理由で特定のページを何度も閲覧すると、本来は閲覧数が少ないのに、そのページが人気記事のランキングに表示されてしまったりするので、必ず訪問者のみにしてください。

 

「WordPress Popular Posts」の設定方法5
リンクの開き方:現在のウィンドウ(任意で変更)
プラグインのスタイルシートを使う:有効

「WordPress Popular Posts」の設定は以上になります。
続いてサイドバーに人気記事を表示させる方法を紹介します。

「WordPress Popular Posts」の使い方

「WordPress Popular Posts」の初期設定が終わっても人気記事はまだ表示されないので、続いてはサイドバーに表示させる方法について解説します。

「WordPress Popular Posts」の使い方1
WordPress管理画面の左メニューにある[外観]にカーソルを合わせるとサブメニューが表示されるので、[ウィジェット]をクリックします。

 

「WordPress Popular Posts」の使い方2
利用できるウィジェットの中にある[WordPress Popular Posts]を、右側にあるメインサイドバーの中にドラッグアンドドロップで入れます。

ワンポイントアドバイス

使用しているWordPressテーマやどんなプラグインをインストールしているかにより、多少表示画面が異なります。

 

「WordPress Popular Posts」の使い方3
この設定画面では集計方法や、表示方法についての設定を行います。

タイトル:好きなタイトル(よく読まれている記事など)
最大表示数:任意で変更(5件か10件にする方が多い印象)
ソート順:任意で変更(1日の平均閲覧数にするのがオススメ)

ワンポイントアドバイス

ソート順を総閲覧数にすると、古い記事ばかり表示されて新しい記事が表示されづらくなるので、1日の平均閲覧数に変更してもいいです。

 

「WordPress Popular Posts」の使い方4
計測期間:任意で変更
投稿タイプ:post
除外する投稿ID:空欄でOK

ワンポイントアドバイス

人気記事ランキングに固定ページも表示させたい場合は「,page」と追加すれば固定ページも表示されますが、一般的に固定ページは表示させないので、デフォルト設定(post)のままでOKです。

 

「WordPress Popular Posts」の使い方5
カテゴリー:空欄でOK
タグ:空欄でOK
投稿者ID:空欄でOK

ワンポイントアドバイス

この設定はすべて空欄でOKです。

 

「WordPress Popular Posts」の使い方6
タイトルを短縮:任意でチェック
抜粋を表示:任意でチェック
アイキャッチ画像を表示:任意でチェック

ワンポイントアドバイス

私の場合は”アイキャッチ画像を表示”にだけチェックを入れています。

 

「WordPress Popular Posts」の使い方7
コメント数を表示:任意でチェック
閲覧数を表示:任意でチェック
投稿者を表示:任意でチェック
日付を表示:任意でチェック
タクソノミーを表示:任意でチェック

ワンポイントアドバイス

この設定は人それぞれ好みがあるので、必要に応じてチェックを入れてください。

 

「WordPress Popular Posts」の使い方8
HTMLマークアップ設定:任意でチェック(わからない場合はチェックしないでOK)
テーマ:任意でチェック(気に入るのがなければ使う必要はない)

ワンポイントアドバイス

テーマは10種類あり使用すると自動的に設定が変更され、人気記事ランキングの表示がガラッと変わります。

すべて試してみて気に入るものがなければ使う必要はありません。

これですべての設定が完了したので、順次アクセスがあった記事が人気記事ランキングとしてサイドバーに表示されるようになりました。

設定を完了してもアクセスが少ない場合は、なかなか表示されないので、アクセスが来るのを待ってください。

最後に

「WordPress Popular Posts」の使い方と設定方法について解説してきましたが、いかがでしたか?

人気記事ランキングを表示させておくと、読者もついつい「人気の記事なら自分も読んでみよう」と思って複数の記事を読んでくれる可能性が上がるので、回遊率や滞在時間が伸びやすくなります。

ぜひご自身のサイトにも設置してみてください。

ひろもん
読者さんにはたくさんの記事を読んでもらいたいですね。

 

ぜひ応援クリックお願い致します

ブログランキング

気軽にTwitterしてくださいね!