【WPプラグイン】お問い合わせフォームの鉄板「Contact Form 7」の使い方を徹底解説!

どうも、ひろもんです。

サイトにお問合せフォームを設置すると、読者からの問い合わせ以外にもASPや企業からさまざまなオファーが来るようになります。

またお問い合わせ先がないサイトは、信頼性が低いと判断されてしまうので、基本的にはサイトを作ったらお問い合わせフォームは設置した方がいいです。

そこで今回は、WordPressにお問い合わせフォームを設置する鉄板プラグインの「Contact Form 7」の使い方を詳しく解説します。

「Contact Form 7」のインストール

「Contact Form 7」は無料のプラグインなので、WordPressの管理画面からカンタンにインストールできます。

WordPressのプラグインインストール方法1
[プラグイン]をクリックします。

 

WordPressのプラグインインストール方法2
[新規追加]をクリックします。

 

「Contact Form 7」のインストール方法
右上の検索ボックスに「Contact Form 7」と入力すると、該当するプラグインが表示されるので、Contact Form 7の右上にある[今すぐインストール]をクリックし、さらに[有効化]をクリックします。

これでインストールは完了です。

「Contact Form 7」の使い方

「Contact Form 7」の使い方はすごくカンタンです。

「Contact Form 7」の使い方
WordPress管理画面の左側メニューにある[お問い合わせ]をクリックします。

 

「Contact Form 7」の使い方2
インストールした時点でそのまま使えるお問い合せフォームが用意されているので、表示されている[ショートコード]を固定ページにコピペします。

 

「Contact Form 7」の使い方3
タイトル:お問い合わせ
パーマリンク:自由に変更
本文:ショートコードをコピペ

必要事項を入力後[公開]をクリックして記事を公開します。

 

「Contact Form 7」の使い方4
以上でお問い合わせページの完成です。

ワンポイントアドバイス

基本的には初期設定のままの使用で問題ありません。

お問い合わせページから送信されたメッセージは、WordPressの「設定 > 一般 > 管理者メールアドレス」に設定されているメールアドレス宛に送信されます。

「Contact Form 7」の設定

基本的に初期設定のままで問題ありませんが、一応設定方法を解説します。

「Contact Form 7」の設定方法
WordPress管理画面の左側メニューにある[お問い合わせ]をクリックします。

 

「Contact Form 7」の設定方法2
[コンタクトフォーム1]をクリックします。

ワンポイントアドバイス

初めからお問い合わせフォームが一つ用意されています。

 

「Contact Form 7」の設定方法3
設定は4つのタブを切り替えて行いますが、「フォーム」タブではお問い合わせフォームに表示させる項目の編集を行えます。

お問い合わせに電話番号などを入力してもらう必要はないので、初期設定のままで問題ありません。

ワンポイントアドバイス

初期設定では「お名前・メールアドレス・題名・メッセージ本文」が表示されるようになっています。

 

「Contact Form 7」の設定方法4
「メール」タブでは、送信後のお問い合わせメールがどのようなテンプレートで届くのかの設定を行います。

初期設定のままでも問題ありませんが、もし変更するのであればこの2箇所くらいです。

送信先:お問い合わせを受信するメールアドレスが他にあれば変更
送信元:[your-name]に変更

ワンポイントアドバイス

初期設定では送信先がWordPressに設定しているメールアドレスになっていますが、受信先を変更したい場合のみ送信先を変更してください。

送信元に[your-name]と入力すると、差出人名が表示されるようになるので、メールを開く前に誰からのお問い合わせかわかるようになります。

 

「Contact Form 7」の設定方法4
「メッセージ」タブではさまざまな状況に応じて表示されるメッセージの編集を行えます。

初期設定のままで問題ありませんが、もし変更したい箇所があれば変更してください。

 

「Contact Form 7」の設定方法5
「その他の設定」タブでは、会員サイトなどでログインしているユーザーのみ送信できるようにしたりなどの特殊な設定を行えますが、普通のサイトで使用する分には空欄でOKです。

設定を変更した場合は、画面下にある[保存]をクリックしてください。

以上で「Contact Form 7」の設定が完了です。

最後に

ここまで「Contact Form 7」について解説してきましたが、いかがでしたか?

初期設定のままで使う場合は、インストールしてショートコードを貼り付けるだけでお問い合わせページが完成するので、すごくカンタンです。

お問い合わせページはサイトに必須なので、ぜひプラグインでサクッと作成してください。

ひろもん
お問い合わせページ作成後に自分でテスト送信してみると、お問い合わせがどんな感じで届くのかわかるので、確認の意味も込めて一度試してみてください。

 

ぜひ応援クリックお願い致します

ブログランキング

気軽にTwitterしてくださいね!